世界最大のWine 教育機関 “WSET®”と最高峰の資格“Master of Wine”

ワイン好きが高じて資格を取得してみたい、今回はそんな熱烈なワイン・ファンの方に必見の情報をレポート!世界のワイン業界で活躍できる人材を育成する世界最大のワイン教育機関“WSET®”と、世界最高峰にあたるワイン資格、Master of Wine(MW)についてご紹介したいと思います。




ワイン業界を希望するなら知っておきたい認定資格。


ch.marugaux

レストランでワインをオーダーするとき、酒屋さんでワインを選ぶとき、ワインの知識があればもっと有意義に楽しめるのに。日々の暮らしでワインと遭遇したとき、そんなふうに考えたことはありませんか?

ワインの知識を深めて勉強していきたい、そう考えると“資格”の二文字が頭に浮かぶかもしれません。ワインの資格といえば、皆さんが真っ先に思い浮かべるのは「ソムリエ」という言葉かと思います。

日本国内でソムリエの資格を取得するには、日本ソムリエ協会(J.S.A.)が主催する認定試験を受験するのが一般的。

J.S.A.が定める受験資格によると、

“第一次試験実施日において、ワインおよびアルコール飲料を提供する飲食サービス業を通算5年以上経験し、現在も従事している方”とあります。つまり、飲食サービス業で5年の勤務経験がないと受験することさえできないのです。

ソムリエと同様にワイン業界で重宝される「ワインアドバイザー」資格も、受験要項に“第一次試験実施日において、以下の業務経験を通算3年以上経験し、現在も従事している方”とあり、こちらも業界未経験の人は受験することができません。

そこで日本ソムリエ協会(J.S.A.)では、ワイン業界に従事していない一般の方のためにも職種、経験を問わない「ワインエキスパート」という認定資格を用意していますが、実際にワイン業界で働くことを希望すると、ワインエキスパートのみ取得していてもなかなか就職までは難しいのが現状です。

国際的に活躍できる世界共通ワイン資格とは?


wineandspiritseducationtrust

ワイン業界で働いたことはないけれど、就職や転職に生かせるワイン資格を取得したい!どうせなら国内といわず、世界でも通用する資格が欲しい!

業界経験がなくていきなり世界まで視野に入れて活躍というのは、ちょっと欲ばりな気もしますが、そんな欲ばりなニーズにも応えてくれる資格が、実は世界にはすでにあるんです!

それは、世界最大のワイン教育提供機関「Wine & Spirits Education Trust (WSET®)」が認定する資格試験。

ロンドンを本拠地とするWSET®の認定資格試験は世界62ヶ国で実施され、その受験者数は年間で約56,000名に達するほど、世界ではスタンダードなワイン資格となっています。

世界中のワイン業界で通用する、WSET®の認定資格。


tastingsheetwset

©flickr/ Wine and Spirits Education Trust ® レベル2の授業風景。葡萄品種毎に異なる色合いをチェックしています。

WSET®が世界中で展開する教育プログラムの内容は、世界のワイン事情(経済、ワイン法、葡萄育成から醸造)、スピリッツ(ウィスキー、ウオッカ)、スパークリング・ワイン、デザート・ワイン、ワイン・ビジネスと醸造学の6科目。それらを数年かけて学び、それぞれの科目の筆記試験(理論)とブラインドテイスティング(目隠しをして試飲するテスト)に合格することで学位のレベルが上がっていきます。J.S.A.のソムリエ資格と同等レベルと言われるのが、WSET®のレベル3に当たる「International Higher Certificate in Wines and Spirits 」。以前の名称は「Higher Certificate(ハイアー・サーティフケート)」で、日本のワイン業界ではハイアー・サーティフケートという名前で広く認知されています。

WSET®の最高学位「Diploma」は日本国内で受験可能。

国内でWSET®のコースと認定試験を取り扱うワインスクールは3校ありますが、最高学位であるLevel4,5の「Diploma(ディプロマ)」まで受験できるのは現在、Jプレゼンスアカデミーというスクールのみ。元々は日本航空(JAL)のカルチャー教室だった同スクール。そこで学んだ数多くのCAの方達がソムリエとなっていることからも分かるように、同校は日本でいち早く世界最大教育機関WSET®のプログラムと認定試験を取り入れた実績があり、とても信頼できるワインスクールです。

◆WSET認定試験、認定試験の詳細について、

Jプレゼンスアカデミー(WSET教室/東京、名古屋、大阪)

 

「Diploma」のさらに上をいく、世界最高のワイン資格とは?

ここまで、Wine & Spirits Education Trust®が認定する最高学位「ディプロマ」というワイン資格までお伝えしてきましたが、実はディプロマまで進むと、ようやくエントリー資格を与えられる、世界最高峰のワイン資格があるのです。

その名は「Master of Wine」。マスター・オブ・ワインは、WSET®のさらに上位機関であり、世界のワイン業界の最高峰に君臨する「マスター・オブ・ワイン協会」が認定する資格試験なんです。 2015年4月現在、日本国内のディプロマ資格保持者はわずか18名程度。つまり、マスター・オブ・ワインのプログラムに応募可能な人は国内に18名しかいない計算になります。その人数だけを見ても超難関な試験であり、MWへの道はとてつもなく狭き門であることだけはお分かりですよね。

イギリス随一のワイン・ジャーナリストもMWのひとり。


jancisrobinson

WSET®と同様にロンドンに本部があるマスター・オブ・ワイン(MW)協会は、世界各国の「マスター・オブ・ワイン」を統括しています。現在、世界でマスター・オブ・ワインの資格を保持する人は約300人。日本のワイン産業で最も知られるMWといえば、イギリス出身のジャンシス・ロビンソン女史、でしょうか。MWの面々には、ジャーナリストのジャンシス・ロビンソン女史のように世界のワイン・マーケットに多大な影響力を与えるワイン評論家や、一流のワイン・メーカーに従事する人達などなど。MWの彼らは世界中で、それぞれさまざまなジャンルで大活躍しています。

Master of Wine協会のホームページ

ワイン業界未経験の人でもトライできるWSET®の認定試験。さらにその上をいくマスター・オブ・ワイン(MW)は世界最高峰のワイン資格ですから、さすがにここまでのレベルに到達した人には、ワイン業界で活躍する経歴も自ずと要求されることになります。 ワインの道を極めるためには、世界中の数多くのワインを試飲しなければなりませんし、ワインに関連する仕事に従事していなければ、よほど財力がある方でない限り、勉強の継続は困難といえるでしょう。

WSETのプログラムを受講してからおおよそ、10年から数十年かけて各試験を合格してきた人達が、マスター・オブ・ワインの 試験を受けるためのプログラムにエントリーしますが、そこからまた毎年、ほんの一握りの候補者が選ばれるわけです。


masterofwinepress

MWのプログラムにエントリーできた候補者たちは、最初の2年間 に世界各地で実施されるMWのレクチャーに出席し、いくつもの理論とティスティング試験を合格しないといけません。MWはエントリーから4年以上経つとタイムオーバーとなり、諦めるという候補者が圧倒的に多いそうです。そんな超難関な一連の試験に無事合格すると、1万語に及ぶ「博士論文」の提出を課されます。その論文が受け入れられ、かつワイン業界での業績が認められた一握りの人が、MW=マスター・オブ・ワインと認定されるのです。

今回はワインの勉強がしてみたい、そんな方に向けて、世界のワイン産業で活躍できる資格試験と、ワイン業界における最高峰の資格についてご紹介しました。とはいえ、ワインは決して敷居が高い飲み物ではなく、食卓に並ぶ料理の味をさらに豊かにししてくれる、まさに暮らしと密着したフレンドリーな飲み物(アルコール飲料)なのです。今日、日本国内のマーケットには、世界中の多様性に富んだ素晴らしいワインがあふれています。ワインを購入する際のヒントととして、また、あなたにとって特別なワインと出会えたときに、少しでも知識があればよりその美味しさがより楽しめる、そんなふうに気軽に受け止めて頂ければ、ワインライターとしてはうれしい限りです!


Master of Wine and Wine and Spirits Education Trust certificates

User Rating

4.7 (3 Votes)

Summary

9.9Score

wine,master of wine,WSET,certificate

author-avatar

ブダペスト在住コラムニスト。フィノマガジン主宰 兼 編集長。ワインアドバイザー(Wine & Spirits Education Trust認定Higher Certificate)。元博報堂グループ(広告代理店)コピーライター、ディレクター(AD & WEB)、プロモーション・プランナー。現在は出版社や雑誌社をはじめ、さまざまな媒体で執筆業を中心に活動。 現在連載中の他メディア◉【住まいの大学】インテリア講師 ◉【Yahoo! Beauty &TRILL(ヤフー!ビューティ&トリル)】ライター ◉ビューティメディア【Faura(ファウラ)】コラムニスト ◎受賞歴: J-wave主催Webビジネス開業支援コンテスト特別賞受賞(企画書制作部門)◎メディア出演歴:湘南ビーチFM(ラジオ局)“ワインのお話”メインレギュラー(約2年)。ハンガリーのネイル製品ブランドMoyra(モイラ)のSole Agent【Moyra Japan】代表。

No Replies to "世界最大のWine 教育機関 “WSET®”と最高峰の資格“Master of Wine”"

    Leave a reply

    Your email address will not be published.