ドナウの真珠*船上レストランで楽しむ世界遺産の夜景

ブダペスト、真夏の散策。ハンガリーの国会議事堂の前に、とある石碑が。



石碑に書かれたTISZA ISTVANは、中央に映る人物の名。

ハンガリーがかつて、オーストリア・ハンガリー二重帝国だった頃に、2度も首相を務めたティサ・イシュトヴァーン伯爵を讃えた記念碑なのだとか。

Tisza Istvan

Tisza Istvan

石碑を背に、真夏の強い日差しの中、また歩みを進めていくと、左手には、国会議事堂の荘厳な景色が。

parlament_1

parlament_1

国会議事堂の建築美に魅せられながら、鎖橋のある方に向かってドナウ川沿いの散策を続けると、右手にいくつかの豪華客船が現れた。

そのうちの1つの旅客船の前でスタッフの方に遭遇したので、この船はレストランですか?と尋ねると、違うとハッキリ言われてしまう。
スタッフの女性いわく、この船は明日、ドイツに向かって出発するとのこと。

彼女は筆者のことを観光客の1人と思ったらしく、その豪華旅客船のゴージャスなパンフレットを一冊、渡してくれた。
一冊の本以上に重みのあるそのパンフレットを抱えながら、その方が勧めてくれた美味しい船上レストランを目指し、真夏のドナウ川を眺めながら歩いていくと、

spoon_1

spoon_1

綺麗な船上レストランが現れた。

Spoonという看板があり、これが店名のようだ。

spoon2

spoon2

レストラン名そのままの、巨大なスプーンのエントランスが出現。
お店の中に入ると、男性のレセプショニストが目の前に。

“予約していないけれど、食事できますか?”と尋ねると、レセプショニストは、Nem=Noと言う。

彼は私が手にしていたパンフレットに目を向けたので、

“このパンフレットの旅客船スタッフが、こちらのお店がとても美味しいと勧めてくれたので”と言えば、
予約が無くてもウェルカムだよ、と他のスタッフからの一声が。

そうして、とても眺めの良い席に案内してくれた。
ドナウ川をはさんで、目の前には美しいブダ王宮の姿が広がっている。

レストランに入ったのは、ちょうど夜7時過ぎ。
ハンガリーの夏の夜は、夕陽が沈むまでの時間がとても長い。
午後7時でもまだ日中のような明るさだった。

dunabudavar

dunabudavar

 

夕陽がようやく沈んできた頃、夕陽の色と真夏の澄み渡る空の色が重なって、グラデーションがとても美しい。

icecoffee

icecoffee

ドリンクは、レストラン自慢のアイスコーヒーをオーダー。
クリームの上にコーヒー豆がちょこんとのっかっていた。
ドナウ川の上でディナーするのは、実がこの日が初めてだった。

そう言えば、こちらのレストラン、バーカウンターに女性スタッフの姿が1人、確認できたけれど、その他のスタッフは全て男性。

pasta

pasta

オーダーを取りに来た店員さんが勧めてくれたチキンのタリアテッレ。
チキンがとても柔らかく、よく煮込んである。
見た目以上にボリューム感があり、最初にアイスコーヒーをいただいたせいか、すぐに満腹になってしまった。

だんだん夜が更けてきた。
シャッターチャンスがたくさんやってきた。

budacastleonduna1_1

budacastleonduna

ドナウ川の向こう岸に映るブダ王宮と、右手に見える鎖橋。
夜はライトアップされるため、この美しい光景を逃すまいとシャッターを切ってはみたものの、いざ撮影したカメラに収まる画像をチェックすると、実際に見た光景がもちろん、そこにはない。

budacastledunariver

budacastledunariver

夜が深くなっていく。
他のお客さん達も、ドナウ川の向こう岸に映る王宮の光景を夢中になって撮影していた。

spoon7

spoon7

上の写真は船上レストランの様子。甲板の上がレストラン。
船の中にも豪華なレストランホールがあったが、世界遺産と呼ばれるこの美しいドナウの夜景を楽しみに訪れるお客さんばかりで、室内のほうはガラガラだった。

食事を終え、お会計を済ませてまた、出口に向かい階段を下りて行く。
一階の甲板席からの光景。

この場所のほうが、ブダ王宮をより間近に感じることができた。

spoon8_1

spoon8_1

お店を後にするとき、レセプショニストとマネージャーの男性2人と少しおしゃべりをした。
お2人とも日本の食文化や日本人にとても興味があるらしい。

マネージャーさんとボーイさん

ブダペストの船上レストラン“Spoon”。

前に紹介した、この地で人気沸騰中の男性4人組音楽バンドの名前もSpoon。

Hungarian Boys Band『Spoon』の爽やかな魅力

(バンドメンバー4人全員、身長が180㎝越えで甘いマスクのSpoonは今、最も勢いがあるアイドル的な存在のバンド)

ハンガリーではSpoonという言葉はポピュラーなんだろうか。
アジア人観光客も多く訪れるレストランSpoon

船上で楽しむ豪華な夜景と美味しいメニュー。
特に夏のドナウ川の表情は格別だ。

また近いうちに、再来店しなければ!!


author-avatar

ブダペスト在住コラムニスト。フィノマガジン主宰 兼 編集長。ワインアドバイザー(Wine & Spirits Education Trust認定Higher Certificate)。元博報堂グループ(広告代理店)コピーライター、ディレクター(AD & WEB)、プロモーション・プランナー。現在は出版社や雑誌社をはじめ、さまざまな媒体で執筆業を中心に活動。 現在連載中の他メディア◉【住まいの大学】インテリア講師 ◉【Yahoo! Beauty &TRILL(ヤフー!ビューティ&トリル)】ライター ◉ビューティメディア【Faura(ファウラ)】コラムニスト ◎受賞歴: J-wave主催Webビジネス開業支援コンテスト特別賞受賞(企画書制作部門)◎メディア出演歴:湘南ビーチFM(ラジオ局)“ワインのお話”メインレギュラー(約2年)。ハンガリーのネイル製品ブランドMoyra(モイラ)のSole Agent【Moyra Japan】代表。

No Replies to "ドナウの真珠*船上レストランで楽しむ世界遺産の夜景"

    Leave a reply

    Your email address will not be published.