披露宴が朝まで続く!ハンガリーのとっても長〜い結婚式


その国の文化や風習の独自性が良く表れる人生のライフイベントといえば結婚式。
ハンガリーでは国民の多くがクリスチャンのため、結婚式は教会式が一般的です。

ハンガリーでは土曜の午後以降に挙式するのが一般的

©FinoMagazin

©FinoMagazin

キリスト教では日曜日が休息日に当たるため、その日曜を避ける意味合いもあり、結婚式は土曜日の午後から挙式〜、その後、披露宴という流れが多いようです。

この教会がある場所は、ハンガリー第2の都市、デブレツェン。
広大なスポーツ競技場があることや世界中から医者の卵が集まるデブレツェン大学などで有名な街です。

その後に続く披露宴ですが、フィノマガジン読者の皆様がこのハンガリーでどなたかの披露宴に招待されることがあったら実感されると思いますが、本当に長く感じることでしょう。

ハンガリーでの披露宴が一体どのくらい長く続くのかというと、だいたい夕方からスタートして深夜を過ぎた頃にはまさに宴たけなわ、そして明け方近くまで延々と続くのです!

厳かな教会式の様子

church©FinoMagazin

©orokrekepek

私達の親戚である新郎新婦さんですが、ハンガリーでは彼らのようにきちんと結婚式、披露宴を行うカップルばかりではなく、結婚式を挙げないカップルが若い人を中心に増えています。

その理由は、経済的なこともありますが、ハンガリーでは現在、夫婦別姓が一般的なので、結婚に際して入籍にこだわらないカップルも実際に多いのです。
カップルそれぞれの考え方にもよりますが、敬虔なクリスチャンのご家庭の場合はやはり、ちゃんと結婚(入籍)、挙式、披露宴をされることがほとんどですね。

 

代表的なハンガリー料理が次々と運ばれる披露宴のメニュー

ハンガリーの披露宴ではテーブルに次から次へと様々な料理が登場します。
フォークの上にゲストの名前入りクッキーが!

ここでは席次表なるものはないので、こうして各自ゲストの席にハニークッキー(蜂蜜入り)の上に名前を書いて目印にしてくれるパターンが多いんです。
とっても可愛らしく粋な演出ですよね。

そして、写真をご覧いただくと手前にあるのが、

「新郎のスープ」と呼ばれるスープ

©FinoMagazin

©FinoMagazin 手前真ん中にあるクッキーは席次表かわりに

野菜がメインの、卵の入ったあっさりとしたスープで、鶉の卵が入っている料理は必ず始めのほうに提供されます。
お料理が出てくると、その後はどこからともなくグラスを叩く音が聞こえてきます。
これは、披露宴で行われる1つ1つの催し物(イベント)が始まる合図です♪

披露宴のBGMはライブ演奏が多いのも特徴

©FinoMagazin

©FinoMagazin

お色直しした花嫁と踊ると幸せになれる!?

©FinoMagazin

©orokrekepek

披露宴も終盤に近づくと、参加されている方々は自然とダンスに興じるようになります。
そしてゲストたちがダンスに夢中になっている間に、花嫁さんは裏で衣装替え。

着替え終えた花嫁さんがまた現れると、ゲストの男性陣の間で花嫁争奪戦が始まります。
というのも、お色直しを終えた花嫁とダンスをした男性は幸せになれるという言い伝えがあるのです。

ゲスト達がスプーンやフォークを使って音を出すのは何のため?

©FinoMagazin

©FinoMagazin

披露宴の合間、合間にゲスト達がなぜか、スプーンやフォークなどでグラスを軽く叩き始めます。
これはお行儀が悪くて食器をガチャガチャさせている訳ではもちろんなく、実は新郎新婦にキスを求める合図。
日本では見ない光景なので驚いてしまうかもしれませんが、ハンガリーではおなじみの習慣なんですよ。

余興は新郎新婦も招待客も全員で行うのがハンガリー流

©FinoMagazin

©FinoMagazin

ハンガリーでは余興=催し物を新郎新婦とともに行うことがメインで、見ているだけということはほぼありません。
参加者全員がダンスするのはほぼ定番ですが、バックバンド付き、生演奏でカラオケ大会がある披露宴もあるそうですよ♪

こんな調子で明け方まで続いて、とっても長〜い披露宴がハンガリー流♪
披露宴の合間は、会場を出て談笑している人やタバコを吸う人など、出入りも自由です。

同じ披露宴の式場内に育児ルームが設置されている場合もあり、また、深夜以降は途中で退出して帰宅してももちろん失礼に当たりません。
お子さん連れで出席される招待客の方々はだいたい午前1時位までには式場をあとにされていますね。

日本でもハンガリーのように、明け方まで続く披露宴が一般的になる日は来るのでしょうか?
今回はハンガリーのブライダル、結婚式&披露宴事情をレポートしました。


author-avatar

ブダペスト在住ワイン(とインテリア)コラムニスト。フィノマガジン主宰。ワインアドバイザー(Wine & Spirits Education Trust認定Higher Certificate)。現在はオーストリアのWSETでDiplomaコースに通い、MWの夢をいまだ捨てきれず勉強継続中。大手食品メーカー、ワインインポーターの社員として勤務後、広告業界へ。元博報堂グループ(広告代理店)コピーライター、ディレクター(AD & WEB)、プロモーション・プランナー。現在は出版社や雑誌社をはじめ、さまざまな媒体で執筆業を中心に活動。◎受賞歴: J-wave主催Webビジネス開業支援コンテスト特別賞受賞(企画書制作部門)◎メディア出演歴:湘南ビーチFM(ラジオ局)“ワインのお話”メインレギュラー(約2年)。2016年: amebaTV、abemaNews、ハンガリーのネイル製品ブランドMoyra(モイラ)の日本部門【Moyra Japan】代表。

No Replies to "披露宴が朝まで続く!ハンガリーのとっても長〜い結婚式"