独断と偏見で選ぶブダペスト味の逸品【番外編】前回の答え&スイーツ情報


ブダペストにあるアメリカンステーキハウス&バーKNRDY(コンラーディ)での食レポに引き続き、今回はKNRDYオーナーとの対談話やスイーツ好きが気になる情報をレポートしていきます♪

では、まずは前回のクイズのおさらいと答え合わせから!

お肉だけでなく、お酒の種類も豊富なKNRDYで

「お客様に人気な日本から輸入された“ある飲み物”とは、いったい何でしょうか?」

というのが前回のクイズでした。

ヒントは「朝の連続テレビ小説」でしたが、お分かりの方も多いはず。

正解は『ウイスキー』。

KNRDYではバーとしての利用も多く、その中でもゲストの方に特に人気なのが「ウイスキー」だそうです。

店内には下の写真のように、なんと約80種類ものウイスキーがバーカウンターに並んでいます。

 

KNRDY BAR

KNRDY BAR

 

オーナーのお話では、ゲストの方々から日本のウイスキーのオーダーがよく入るそうです。

ということで、今回の答えは「ウイスキー」でした!(少々簡単だったかも!?)

KNRDYの常連客に人気を誇る日本のウイスキー・ブランドはこちら。

 

©KNRDY 人気な日本のウイスキー

©KNRDY 人気を誇る日本のウイスキー・ブランド

ちなみに、KNRDYでは日本酒もいただけるそうですよ。

KNRDYはステーキハウス&バーなのですが、

スイーツもなかなかのお味なんです!

今回は、筆者が

「午後のティータイムにまた食べに行きたい!」

という気持ちになった絶品チーズケーキをご紹介します♪

 

©KNRDY New York Cheese Cake ニューヨークチーズケーキ 2200HUF(約957円)

©KNRDY New York Cheese Cake ニューヨークチーズケーキ 2,200HUF(約957円)

写真だと小さく見えますが、それはお皿のサイズが大きいせいで、ケーキは予想外に大きめです。

今回の取材で初めてこのチーズケーキを食べたのですが、次回のお友達との女子会にも良さそうなので、只今計画中です♪

FinoMagazinで発信したことで売り切れにならないか個人的に心配ですが…、

心の底から美味しいと感じたものを読者の皆様にお伝えするのがFinoMagazin記者の役目!

売り切れてしまったとしてもお店としてはきっと嬉しい悲鳴に違いありません!?

読者の皆様も機会があればぜひ!特に甘党の方、KNRDYスイーツを一度、試してみてくださいね♪

取材中、KNRDYオーナーとのおしゃべりも楽しみながらお料理やスイーツをいただいたので、オーナーのご紹介もしたいと思います。

左:FinoMagazin記者 右:KNRDYオーナーKonrády Zoltán(コンラーディ・ゾルターン)さん

左:FinoMagazin記者 右:KNRDYオーナーKonrády Zoltán(コンラーディ・ゾルターン)さん

オーナーのお名前を見て、お気づきになられた方もいらっしゃるでしょう。

そうです、このレストランの名前はオーナーの名字から名付けられたんです!

KNRDYオープン前まで数年間アメリカに住んでいたオーナーは、ハンガリーに帰国した際に、「あのアメリカで食べていた大好きなステーキの味をハンガリーでも食べたい」という想いに駆られたそうです。

ご自身も大のステーキ好きで、美味しいものを求めて日本にもいらっしゃった美食家でもあります。

オーナーのポリシー、それは「最高と認められるものだけをゲストの方に提供する」ことだそうです。

KNRDYではハンガリーの国宝豚マンガリッツァをはじめワインなど、専門家たちを集めての試食・試飲会などを定期的に開催しているようです。

オーナー自らも、用事がない限り店内で接客や従業員の指導を行っています。

 

日本からお越しの皆様にも、KNRDYで快適な時間を過ごしていただきたいと、オーナーは日本語メニューの作成にも取り組んでいらっしゃいます。

ご来店の際は、ぜひ名物オーナーも探してみてくださいね♪

これからもFinoMagazinでは、観光でハンガリーに来られる方々だけでなく、在住の読者の皆様にも嬉しいグルメ情報を発信していきます!


レストラン名:KNRDY (コンラーディ)

場所:Október 6. street 15., Budapest, Hungary

営業時間:(月~土)朝11:30~深夜1:00, (日)朝11:00~深夜1:00


取材・写真一部/武田友里 (Takeda Yuri)


author-avatar

大阪生まれの大阪育ち。神戸大学で人間行動学を専攻。中学校・高等学校1種免許(保健体育)、小学校専修免許状を所持し、子どものスポーツ教育に従事。その後、ハンガリーへ渡りブダペスト メトロポリタン大学大学院でメディアコミュニケーション学を学ぶ。現在もブダペスト在住。FinoMagazinライターの傍ら、ロケーションコーディネーター、ウエディングフォトプランナーとしても活動中。ハンガリー情報はお任せあれ。英語、ドイツ語もOK!! 日本拳法で全国制覇の経験もあり、心身の強さには自信アリ。知力・体力を磨いて、世界の現場から日本の教育にアイデアを届けることをモットーに、様々な分野で執筆に励む。

No Replies to "独断と偏見で選ぶブダペスト味の逸品【番外編】前回の答え&スイーツ情報"