『Karácsonyi Vásár』 Christmas Market in Budapest


前回、ブダペストのペシュトにある聖イシュトヴァーン大聖堂と、大聖堂前広場で開催中のクリスマス・マーケットについてレポートしました。

今回も引き続き、クリスマス・マーケット

『Karácsonyi Vásár』

の様子をお伝えしたいと思います。

前回の大聖堂前広場から徒歩10分ちょっとの場所に、ブダペスト最大の規模とも言えるクリスマス・マーケットが開催されています。

そこは、

『Vörösmarty tér』

ヴルシュマルティ・テール

=ヴルシュマルティ広場と呼ばれる場所です。

上の動画は、昨年の同じ時期に撮影されたマーケットの様子。

 

©flickr/Zsolt Andrasi title:DSC06680

©flickr/Zsolt Andrasi title:DSC06680

 

そして、ここからが2015年、今年のマーケットの様子。

昼間から人で賑わってはいますが、イルミネーションを楽しみたい方が多いようで、夕方からのほうがいっそう、混雑が増していきます。

 

©FinoMagazin

©FinoMagazin

 

人、人、人だかり。

 

©FinoMagazin

©FinoMagazin

 

広場にあるクリスマス・ツリーが見えてきました。

 

©FinoMagazin

©FinoMagazin

 

昼間に見るとあまり感動がないのですが、夜はやっぱりライトアップされるので綺麗ですね。

 

©FinoMagazin

©FinoMagazin

 

雑貨、衣類、おもちゃ、アメニティグッズ、キャンドル、食べ物、スイーツ、フードコーナーと、さまざまなお店が出店しています。

 

飾りたくなるクッキー、mézeskalács szív

©FinoMagazin

 

こちらの写真からは、昼間に撮影したものです。

これらのクッキーは、

mézeskalács szív

メーザシュカラーチ・スィーブというクッキーで、ジンジャー(ブレッド)クッキー、ハニークッキーとだけ呼ばれることも多いです。

なぜクッキーのモチーフがハート型なのかといえば、それは、スペシャルなプレゼントを意味するため。

このクッキーを贈られた相手には、あなたは私にとって特別ですよという親愛なる気持ちを表しているのだそうです。

また、結婚式の披露宴などで、引き出物としてゲスト席に必ずと言っていいほど置かれているクッキーでもあります。

 

スプーンなど、カトラリーのディスプレイがとってもお洒落

©FinoMagazin

 

カラフルにコーティングされたチョコレートたち

nightsweats

ラベンダー模様が描かれたアイテムを数多く見かけるのも、この国の特徴

 

©FinoMagazin

 

写真は主に洗面所に置くグッズですが、ハンガリーではラベンダー模様のアイテムをキッチン用具などでも多く見かけます。

ちなみに筆者の家のシュガーポットも同じラベンダー模様。

地方都市ソーノックの蚤の市でゲットしたものですが、ブダペスト以外の地方都市でもこの模様のアイテムはたくさん見かけます。

 

どれを選んでいいか迷ってしまうほど、種類豊富なキッズ・トイ

©FinoMagazin

 

中にフルーツや花びらが入っている、キュートな石けん

©FinoMagazin

 

スキンケアに関わるグッズは、お肌に良いかどうかを確認して選びたいところですが、こちらの石けんがあまりにも可愛かったので、購入してしまいました。

 

こどものおもちゃや布巾などキッチンツールの収納にも使えるカゴたち

©FinoMagazin

©FinoMagazin

 

籐のカゴはお買い物以外にも、家中にある、ごちゃごちゃしたモノを見せながら可愛く収納できるグッズとしても大活躍。

意外とお手頃価格だったため、こちらもゲットしてしまいました。

 

艶のあるグラデーションカラーが美しい、陶器製のキャンドル・グッズ

©FinoMagazin

 

クリスマス・マーケットに足を運ぶと、このようにたくさんのキャンドル・グッズを見かけます。

 

アドベント・キャンドルとは?

 

©FinoMagazin

©FinoMagazin

 

特大キャンドルが目を引く不思議なモニュメント?オブジェ?のようなモノが現れました。
フィノマガジン読者の皆さまは「アドベント・キャンドル」という風習をご存じでしょうか。

クリスマス・イブ直前の日曜日から4週間前までさかのぼり、その日から毎週日曜日に1本ずつキャンドルに火を灯していくのですが、

写真のオブジェや陶器製のキャンドルホルダーやプレートなどは『アドベント・キャンドル』を意味するモノなんです。

アドベント・キャンドルの4本のキャンドルには、それぞれに意味があります。

キャンドルの灯り自体にはキリストの灯りと、4本=4週を意味するとのこと。

最初の1本目から順に「預言のキャンドル」(1週目)・「天使のキャンドル」(2週目)・「羊飼いのキャンドル」(3週目)・「ベツレヘムのキャンドル」(4週目)と呼ばれ、それぞれのキャンドルを灯す際は1週目から順に、「希望」「平和」「喜び」「愛」という感情を込めて灯すものなのだそうです。

 

ラストの真ん中に灯す5本目のキャンドルは「キリスト・キャンドル」と呼ばれ、24日のイブ、または25日のクリスマスに灯されます。

クリスマス・マーケットを訪れると、さまざまなグッズから、キリスト教の風習や文化も知ることができますね。

 

魅力的なアイテムが満載の、

『Vörösmarty tér』の『Karácsonyi Vásár』

次回も続いて、マーケットの様子、フードコートやスイーツなどの情報もお伝えします。

お楽しみに♪

 


No Replies to "『Karácsonyi Vásár』 Christmas Market in Budapest"