ハンガリーのバレンタイン事情&人気のチョコ・ブランド Valentine’s Day Chocolates

もうすぐ2月、バレンタイン・デーが近づいてきましたね♪

ここハンガリーで【バレンタイン】は、日本のような女性から男性に愛を告白する日という感じではなく、むしろ男性から女性にプレゼントする方が多いかもしれません。

また、男女どちらか一方からというより、恋人や夫婦で、お互いにプレゼントを贈り合うことが多いようです。

 

ハンガリーの人達は、チョコレートが大好き♪

nightsweats

©FinoMagazin  クリスマス・マーケットで見かけたからフルなチョコレートの山

 

キリスト教徒が多くを占めるこの国では、イースターやクリスマスをはじめ、キリスト教にまつわる行事が多いのも特徴です。

キリスト教圏独自の風習と言えば、ハンガリーでは人それぞれにネームデーというものがあり、例えばラスローさんであれば、6月27日がネームデーに当たり、その日はお誕生日と同様に、周囲の人達が祝福してくれます。

バレンタインの時はもちろん、ネームデーや誕生日、イースターなどなど、1年のさまざまなイベントで必ずといっていいほど、プレゼントとして大活躍するのがチョコレート。

カラフルにコーティングされたチョコレートの数々は、昨年末まで開催されていたクリスマス・マーケットで見かけたもの。
このような祭事の際の出店ではもちろん、いたるところでさまざまな種類のチョコレートを目にします。

本場ベルギーに迫るほど??『チョコレート大好き』なハンガリーという国。

この国の人達に愛される人気のチョコレート・ブランドをご紹介します!

 

1つ目は、カスタマイズできるチョコ『ChocoMe(ショコミー)』

©FinoMagazin ブダペストのWest Endというデパートで販売されていた、ChocoMeのチョコレート

©FinoMagazin ブダペストのWest Endというデパートで販売されていた、ChocoMeのチョコレート

 

1つ目は、『ChocoMe(ショコミー)』という可愛らしい名のチョコレート。

チョコレートにはストロベリー、チェリー、ラズベリー、また、ドライフルーツなどもトッピングでき、まるで絵画のようにも見える素敵なチョコレートです。

トッピングできると書いたのは、そう、実はこの『ChocoMe』、お客自身がチョコレートの中身をカスタマイズできるという、遊び心にあふれたチョコレートなんです♪

ChocoMeの公式ホームページより、オンラインで注文する際に、チョコレートの中にトッピングするものが選べます。

2010年に創業した新しいブランドですが、【自分好みにデザイン】ができ、【トッピングは80種類の中から自由に選べる】ことなど、今までのチョコの概念を打ち破るその“商品力”にハマる人達が世界中に増えています。


日本未発売の美味しいハンガリーチョコレートは、フィノマートのお買いもの代行サービスでお取り寄せ♪

 

『ChocoMe』はチョコレートという名の美味しいアート♪

©FinoMagazin クリスマス・マーケットの時に並んでいたChocoMe. 真ん中にある赤いチョコがCareer

©FinoMagazin クリスマス・マーケットの時に並んでいたChocoMe. 真ん中にある赤いチョコがCarre

 

写真は、クリスマス・マーケットで販売されていたChocoMeのさまざまなラインナップ。

真ん中に見える“CARRE”と書かれたダーク・チョコレートには、フリーズドライされたブラックベリーやサワーチェリー、ラズベリーなど、赤い果実があふれんばかりにトッピングされています。

チョコレートが隠れてしまうほどゴージャスなトッピング♡

絵画のように美しいチョコレートを、スタイリッシュなパッケージが額のように引き立てています。
カスタマイズできる芸術的な『ChocoMe』。

贈る方も贈られる方も楽しくなる素敵なチョコですね。


日本未発売の美味しいハンガリーチョコレートは、フィノマートのお買いもの代行サービスでお取り寄せ♪

 

『Szamos(サモッシュ)』の『Marcipan(マルツィパン)』

©FinoMagazin Szamosのマルツィパン

次にご紹介するのは、『Szamos(サモッシュ)』の『Marcipan(マルツィパン)』というチョコレート。

チョコレートの中にマルツィパンが入っている商品です。

マルツィパンは『マジパン』、また、マルチパンと呼ばれる食べ物ですが、ハンガリー語ではマルツィパンが正しい発音のよう。

「マルツィパン」は、砂糖とアーモンドを練り合わせて作られたお菓子のことなんです。

『Szamos』は、美味しいケーキやチョコレートなど洋菓子を扱う有名なパティスリー。
ハンガリーの人達にとっては、ややお高めの上質なケーキ屋さんという印象です。

バレンタインらしいハート型のマルツィパン・チョコは、ハンガリーの田舎町にある小さな個人商店でも見かけるほど、国民から親しまれているチョコレートです。

今回はハンガリーのバレンタイン事情&チョコレートについてお伝えしました。

絶品チョコレートといえばベルギー製と思う方は多いかと思いますが、ハンガリーオリジナル・ブランドのチョコレートも覚えていただければ嬉しいです♪

author-avatar

ブダペスト在住ワイン(とインテリア)コラムニスト。フィノマガジン主宰。ワインアドバイザー(Wine & Spirits Education Trust認定Higher Certificate)。現在はオーストリアのWSETでDiplomaコースに通い、MWの夢をいまだ捨てきれず勉強継続中。大手食品メーカー、ワインインポーターの社員として勤務後、広告業界へ。元博報堂グループ(広告代理店)コピーライター、ディレクター(AD & WEB)、プロモーション・プランナー。現在は出版社や雑誌社をはじめ、さまざまな媒体で執筆業を中心に活動。◎受賞歴: J-wave主催Webビジネス開業支援コンテスト特別賞受賞(企画書制作部門)◎メディア出演歴:湘南ビーチFM(ラジオ局)“ワインのお話”メインレギュラー(約2年)。2016年: amebaTV、abemaNews、ハンガリーのネイル製品ブランドMoyra(モイラ)の日本部門【Moyra Japan】代表。

No Replies to "ハンガリーのバレンタイン事情&人気のチョコ・ブランド Valentine's Day Chocolates"