ハンガリーで国際結婚 -婚姻までの手続きと式場準備-

Hasznos Információk 役立つ暮らしガイド 〜国際結婚手続き〜

昨年、日本中で一大ブームを巻き起こした NHK の朝の連続テレビ小説「マッサン」。
フィノマガジン読者の皆様も、このドラマを一度はご覧になったことがあるのではないでしょうか。

題名となった「マッサン」こと、ニッカウヰスキー創業者「竹鶴政孝」と、単身スコットランドから日本へ嫁いだスコットランド人の妻。
マッサンは当時では珍しく国際結婚だったニッカウヰスキー創業者夫婦の、波瀾万丈な人生を丁寧に描いた物語でした。

マッサンが生きた大正時代から見ると、グローバル化していく現代で、国際結婚は決して稀なことではなくなりましたよね。

しかし、この「国際結婚」に至るまで、「国際結婚」による相手の国への移住を認められるまで、これが今でも物凄く厄介なんです。

今回は、2016年にハンガリー現地で日本人妻になった筆者が、これから「ハンガリーでハンガリー人と結婚」されるご予定のある方にお役立ち情報、婚姻前の準備を質問形式でお届けします♪


1. ハンガリーでの滞在許可もしくはビザをお持ちですか?

©2016FinoMagazin

©2016FinoMagazin

日本国外での滞在に関しては、ハンガリーのみならず、国によって様々なルールがあります。
ハンガリーへ移住をされる前に知っておくべき知識を掲載しておりますので、渡洪前に必ずご確認ください。

一般的に3ヶ月以内でのハンガリーへの観光を目的とした旅行者は、シェンゲン協定※に基づきビザ申請をする必要はございません。

※シェンゲン協定とは、シェンゲン協定加盟国への入国の際、最初に入国した国で入国審査を受け、加盟国外へ出るときに出国審査を受けることを定めた加盟国間の合意のこと。
その間の移動はシェンゲン協定に基づき、加盟国内は審査なしで自由に行き来することができましたが、難民移民流入問題により、シェンゲン領域国での審査規定が厳しくなってきておりますので、ご注意ください。

この協定に基づき、婚姻前の準備でハンガリーへ移住された後 3 ヶ月間は、基本的に旅行者と同じ扱いになります。

ただし、全ての方が ハンガリーで3 ヶ月間の短期滞在が許されるわけではありません。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

author-avatar

大阪生まれの大阪育ち。神戸大学で人間行動学を専攻。中学校・高等学校1種免許(保健体育)、小学校専修免許状を所持し、子どものスポーツ教育に従事。その後、ハンガリーへ渡りブダペスト メトロポリタン大学大学院でメディアコミュニケーション学を学ぶ。現在もブダペスト在住。FinoMagazinライターの傍ら、ロケーションコーディネーター、ウエディングフォトプランナーとしても活動中。ハンガリー情報はお任せあれ。英語、ドイツ語もOK!! 日本拳法で全国制覇の経験もあり、心身の強さには自信アリ。知力・体力を磨いて、世界の現場から日本の教育にアイデアを届けることをモットーに、様々な分野で執筆に励む。

No Replies to "ハンガリーで国際結婚 -婚姻までの手続きと式場準備-"