ハンガリーで国際結婚 -入籍日から婚姻後の手続き-


Hasznos Információk 役立つ暮らしガイド 〜国際結婚手続き〜

愛する人との幸せな結婚に胸を躍らせる一方で、ハンガリーに移住して婚姻できるのだろうかという不安を抱えていらっしゃる方が、フィノマガジン読者の中にもきっといらっしゃるでしょう。

日本人同士の結婚でさえ、結婚準備は大変ですね。
それを慣れない異国の地で一からご自身で準備するとなると、至難の業。
日本からハンガリーに嫁いだ経験者にアドバイスをもらえると、やはり格段に準備は楽になります。

筆者は、婚姻前からハンガリー在住でしたので、ハンガリーで出会った友人に相談したり、経験談を聴いたりできたので、婚姻まで大きな問題は一切ありませんでした。
しかし、今までハンガリーに住んだ経験がなく、婚姻前にハンガリーへ初めていらっしゃる方にとっては、気軽に相談できる相手を見つけるのが一苦労ですよね。

そんな方の相談役になるべく、フィノマガジンでは前回掲載「ハンガリーで国際結婚 -婚姻までの手続きと式場準備-」に引き続き、ハンガリーでの国際結婚事情をお届けします。


ハンガリーでの婚姻前手引き A子さんの事例

©2016FinoMagazin

©2016FinoMagazin

 

滞在許可なしで日本からハンガリーへやってきたA子さん。
ハンガリーに到着した翌日から、手続き準備を始めたそうです。
上図は、ハンガリーで婚姻した日本人の A 子さんの入籍までの流れを簡単にまとめたものになります。
まず、前回掲載の婚姻前手続きの手順をA子さんの事例と合わせておさらいしていきましょう!!

ステップ①

A子さんが、日本で発給して持参した「戸籍謄本」を持って最初に向かった先は、ハンガリー語翻訳事務所!!

翻訳費用は文字数によって異なりますので、ある程度の現金はお持ちくださいね。
翻訳は早ければ 1 週間で出来上がります。
ただし、こちらも混雑具合によって変わりますので、1 週間以上はかかると想定して手続き準備を進めましょう。

ステップ②

次にA子さんが向かったのは、在ハンガリー日本国大使館。

婚姻要件具備証明申請時の提出書類は、戸籍謄本 ( 3 ヶ月以内に発給されたもの )、ご自身のパスポートとお相手のパスポートもしくは身分証明書、Családi állapot igazolás ( お相手が独身であることを証明する書類 ) 、現金 2,700 HUF (フォリント) と 在ハンガリー日本国大使館ホームページからダウンロードできる婚姻要件具備証明申請書でしたね。

A子さんは、婚姻要件具備証明申請に必要な書類を全て持参したので、即日で婚姻要件具備証明を受け取れたそうです。
婚姻要件具備証明申請には、お相手の情報も必要になりますので、お相手の書類準備もお忘れなく!!

ステップ③

婚姻要件具備証明の準備ができたA子さんは、ハンガリー語翻訳された戸籍謄本の完成を待ちます。
この期間に、お相手の戸籍謄本準備スタート。

ステップ④

ハンガリー語に翻訳された戸籍謄本を無事に受け取った A子さんは、お相手とともに挙式予定の式場がある区役所の Anyakönyvi Hivatal ( 戸籍事務所 ) へ向かいます。
この時にご用意いただくものは、ステップ②で発給された婚姻要件具備証明とパスポート、ステップ①でハンガリー語に翻訳された戸籍謄本。

そして、お相手のパスポートもしくは身分証明書 ( IDカード ) とLakcím kártya ( 住所カード )も必須です。

ステップ⑤

ステップ④で書類を全て提出して不備がなければ、約 1 ヶ月後に、ハンガリー側で書類が正式に受理され、決議書が発行されましたという連絡が入ることになります。
その連絡を受けて、お相手とともに再度、Anyakönyvi Hivatal ( 戸籍事務所 ) へ 出向きますが、この時に重要な書類は、お相手の戸籍謄本です!!

決議書発行の知らせから、すぐにAnyakönyvi Hivatal ( 戸籍事務所 )へ行けるように 、A 子さんのお相手は、ステップ③の時点で戸籍謄本の準備を始められたんですね。

ステップ⑥

通訳が可能な方に同行をお願いし、お相手とAnyakönyvi Hivatal ( 戸籍事務所 )で入籍日の予約をします。
この時に、通訳をしてくださる方もパスポートもしくは身分証明書 ( IDカード )ならびにLakcím kártya ( 住所カード )の提示を求められますので、その旨も通訳者に忘れずお伝えください。

予約が完了すると、婚姻予定を証明する書類が発行されます。

ステップ⑦

就労ビザあるいは学生ビザ等の滞在許可を既に得ている方は、婚姻前の手続きはここで完了です。
あとは、入籍当日にパスポートをお忘れなく!!
滞在許可もしくはビザをお持ちでない方は、ここから滞在許可の申請に進みます。

ステップ⑥で受け取った婚姻予定を証明する書類、その他滞在許可申請に必要な書類を持参して、移民局へ行きましょう。

A子さんの書類は無事に受理され、90 日間有効な仮の滞在許可証を渡されたそうです。
婚姻後の手続きまでに、仮滞在許可証の有効期限が切れそうになっても、期限を延長してもらえるので、ご安心を。


入籍当日☆HAPPY WEDDING

©2016FinoMagazin

©2016FinoMagazin

 

いよいよ入籍日当日!!
この日の手続きで忘れてはならないものは、ご自身のパスポート。
そして、お相手と立会人のパスポートまたは身分証明書になります。

立会人とは、入籍したことを証明するために、その場に立ち会い、婚姻届に署名をする人のことです。

新郎新婦ともに 1 名ずつ立会人を必要としますので、入籍日時が確定後、当日の立会人に同席をお願いしておくことも大事になります。

もちろん立会人通訳者のお二人が同席することも許されておりますが、ご自身の立会人は通訳も可能な方にお願いするのがベスト!!
立会人がハンガリー在住の場合は、Lakcím kártya ( 住所カード )も必要です。

Anyakönyvvezető  ( 戸籍謄本を管理する役人 )の前で、婚姻届に署名をしてHázassági anyakönyvi kivonat ( 婚姻証明書 ) を受け取れば、“ ハンガリーで ” 正式に夫婦と認められたことになります。


ハンガリーで婚姻後、3ヶ月以内に日本側で婚姻届提出

©2016FinoMagazin

©2016FinoMagazin

ハンガリーの方式によって婚姻した場合、婚姻成立日から 3 ヶ月以内に在ハンガリー日本国大使館で届け出る義務がございます。
在ハンガリー日本国大使館で提出するものは、下記の通りです。

【必要書類】
  1. 婚姻届 ( 窓口にありますし、婚姻前手続きステップ②の時点でもらうことも可能 ) 2通
  2. 婚姻証明書 2通
  3. 婚姻証明書の和文  ( 翻訳専門業者に頼む必要なし ) 2通
  4. 戸籍謄 ( 抄 ) 本 2通
  5. ご自身とお相手のパスポート ( 婚姻当時及び書類提出時も有効なもの )、ハンガリーの身分証明書も可
  6. お相手のパスポートもしくは身分証明書の和文 2通
  7. 申出書 ( お相手が名前を変更される場合 )

 


移民局で滞在カードを受け取れば、晴れて新婚生活スタート♪

©2016FinoMagazin

©2016FinoMagazin

移民局での手続きは、時間を要します。
入籍後、なるべく早く婚姻証明書と仮滞在許可証を持って移民局へいってください。
通常であれば、約 1 ヶ月後に 5 年間有効の滞在カードが渡されます。

これをもらえば、5 年後の手続きまで一安心♪
ハンガリーでの新生活の幕開けです!!


【注意】

現在ビザをお持ちの方は、そのビザの有効期限が切れる前に、婚姻証明書とTartózkodási engedély kérelem egyéb célból ( 就職や学業以外での滞在目的を明記する書類 ) を記入し、現在お持ちのビザを提出しなければなりません。
ただし、ビザの有効期間により対応が異なりますので、予め移民局への確認が必要です。

その他にも、現在お持ちのビザ申請時と同様に、銀行口座残高証明書や不動産登記コピー、家主との賃貸契約書等の提出を要求されることになりますので、ご準備ください。


長く複雑な手続きで不安も多いですが、パートナーと協力し、助け合っていくことで、さらにお互いの信頼度が高まっていきますよ !!
ハンガリーに嫁いだ筆者もそんな経験者の一人です。

フィノマガジンでは、引き続き、ハンガリーに移住される読者の皆様にとって役立つ暮らしガイドを発信していきますので、ぜひご活用くださいね♪

文・取材・写真一部 / 武田友里 ( Takeda Yuri )


author-avatar

この記事は2016年当時のフィノマガジンライターが書きました。

No Replies to "ハンガリーで国際結婚 -入籍日から婚姻後の手続き-"

    ArabicChinese (Simplified)DutchEnglishFrenchGermanHungarianItalianJapanesePortugueseRussianSpanish