ブダ王宮で開催されたファッションの祭典、“ELLE Fashion Show” レポート!!


今回はあまりメディアで報じられていない、ハンガリーで開催された貴重なファッション・ショー画像をお届けします。

ハンガリーの首都ブダペスト、そのブダ地区にあるブダ王宮。
ハンガリーの国王達が代々、居城としてきたその王宮は今日、国立美術館や博物館としても活用され、その敷地はかなり広範囲に渡ります。

今回、筆者が取材してきたのは、あの人気雑誌ELLEが主催し、この“ブダ王宮”を舞台に繰り広げられたファッション・ショーの様子。
『ELLE FASHION SHOW』は、ブダ王宮の一角にあるVárkert Bazár、(ガーデン・バザール)という多目的ホールで開催されました。

 

ブダ王宮で繰り広げられた、ファッションの祭典

©FinoMagazin

©FinoMagazin/VÁRKERT BAZÁR ELLE FASHION SHOW EVENT

4月の15.16の2日間にわたり、ブダ王宮のVárkert Bazár(ガーデン・バザール)で開催されたELLE FASHION SHOW。

ヨーロッパの人気ブランドが一同に介し、今年のサマー・コレクションを披露した同イベント。
2日目土曜日は正午から開場し、午後1時から各ブランドのファッションショーがスタートしました。

 

NISSANも独自のラインナップで魅了

NISSAN ELLE FASHION SHOW IN BUDAPEST2016©FinoMagazin2016

NISSAN ELLE FASHION SHOW IN BUDAPEST2016©FinoMagazin2016

1つのブランドのファッション・ショーが終わると、そのまま続けて次のブランドのショーが始まるというタイムテーブル。
ELLE FASHION SHOWは午後1時〜夜の8時までという計7時間もの間、総勢15ブランドが登場するという、なんとも長時間なファッション・ショーが行われたのです。

写真は筆者が最後に鑑賞したNISSANのファッション・ショーの一コマ。
トップスはフォーマルな印象のウェアも、足元はスポーティなシューズを合わせたりと、大人の遊び心にあふれ、かつ近未来ファッションを思わせるラインナップでした。

 

ハンガリー生まれの“Magistralは、エレガントな水着コレクションを展開

magistral3

©FinoMagazin/magistral3

 

ELLE FASHION SHOWで唯一、水着コレクションを披露してくれたのは、Magistralという名のハンガリーのブランド。

Magistralは1992年創業と新進気鋭の若手ブランドですが、その上品かつエレガントなビーチウェアがオシャレな女性達に大変人気を得ているんです。

 

イタリア発、注目のデニムブランド“GAS”のショー

GAS/©FinoMagazin2016

GAS Elle Fashion Show2016/©FinoMagazin2016

写真は、イタリア発祥のデニムブランド“GAS”が披露した、夏〜秋コレクションより。
タータンチェックの可愛いワンピースにデニム・ジャケットを合わせ、カジュアル・ライクな着こなしが印象的でした。

実はこの春から、東京の原宿にも“GAS”原宿キャットストリート店がオープンしたそう。

デニムウェアを中心にメンズ、ウィメンズ、さらにアクセサリーやアンダーウェアと、幅広いラインナップとのこと。
首都圏にお住まいなら、ぜひ、同ショップをチェックしてみてはいかがでしょうか?

 

アルマーニの新作フレグランスは、お持ち帰りOK

©FinoMagazin/アルマーニの新作フレグランス3種

©FinoMagazin/アルマーニの新作フレグランス3種

 

ELLE FASHION SHOWが開催されたVárkert Bazár(ガーデン・バザール)は、入って手前に各ブランドのブースが並び、その奥にあるホールでファッション・ショーが行われていました。

ショーの合間は、各ブースを巡るのに大忙しだったこのイベント。
その理由は、いろんなお土産もゲットできるからです。

あのGIORGIO ARMANI(アルマーニ)のブースでは、AIR di Gioiaという名の新作フレグランスが3種類、並んでいました。
三種類の香りを一通り試した後、一番のお気に入りをスタッフさんに伝えると、香水の小瓶をプレゼントしてくれるんです。

実は昨年も同イベントに参加したのですが、その時はLANCOMEの新作フレグランスをGET!
大人気ハイ・ブランドの香水は来場者にとって、断トツで一番人気のお土産でしたね。

 

ハンガリーの美味しいスパークリング“HUNGARIA”

ARTDECO/©FinoMagazin

ARTDECO/©FinoMagazin

ハンガリーの美味しいスパークリング・ワインブランド“HUNGARIA”。

昨年に引き続き、今年も出展していましたが、こちらのブースでは何度でも、白、ロゼのスパークリングワインをグラスに注いでくれるので、お酒好きには嬉しいコーナーでした。

 

“ARTDECO”、ドイツ生まれのメイクアップ・ブランド

ARTDECO/©FinoMagazin

ARTDECO/©FinoMagazin

“ARTDECO”、日本では馴染みのないブランド名ですよね。

ドイツ生まれのARTDECOは、ヨーロッパ全土で商品が流通しているので、ハンガリーでもとってもポピュラーなコスメティック・ブランドです。

こちらのブースでは事前に予約しておくと、このようにプロのメイクアップ・アーティストがゲストに同社の新作コスメを駆使して、旬の“美人メイク”をしてくれるんです。

 

プロによるメイクアップ・サービスは大人気

©FinoMagazin ARTDECO

©FinoMagazin/ARTDECOのメイクブース

 

伊勢丹や三越の1階でよく見られる、日本の百貨店ではお馴染みの光景ですが、ハンガリーのデパートではそういったメイクのサービスは一切ないんですね。
そのため、ARTDECOのブースは一時、予約の為に殺到するオシャレなハンガリー女性達による長蛇の列ができるほど、大人気となっていました。

試供品の提供やメイクなど、日本では当たり前に享受していた無料のサービスが、ハンガリーではまず、ありません、ありえないんです。

ELLE FASHION SHOWは一般チケットを事前予約した一般客と、イベントの関係者や来賓が来場できるイベント。

ハンガリーの方にとってチケット代は決してお安いとは言えない入場料でした。
しかし、それでも若い女性を中心に大勢の来場者が集まるのは、人気ブランドのトレンド・チェックもさることながら、一番の関心は各ブースの無料サービスやお土産を楽しみに足を運んでいたのでしょうね。

会場内にはコスメやファッションの他にも、エスプレッソやシードルを無料で提供してくれる飲料ブランドのブースやフード・コーナーもありました。

同イベントのファッション・ショーは午後3時からは休憩を挟まず連続して行われ、ショーとショーの合間には、手前のブースエリアに人がドッと押し寄せてきます。
そして、また次のショーが始まる前にはガランとなり、多くの来場者がショーに夢中の間はお土産をGETしやすくなる、そんな光景の繰り返しが何とも言えず面白かったです。

今回はドナウの真珠“ブダペスト”のお城で開催された“ELLE FASHION SHOW”、ファッション・レポートをお届けしました。
FinoMagazinではブダペストをはじめ、ハンガリー全土で開催される興味深いイベントをチェックし、現地ならではの旬なレポートをお届けしますので、これからもどうぞお楽しみに。


author-avatar

ブダペスト在住コラムニスト。フィノマガジン主宰 兼 編集長。ワインアドバイザー(Wine & Spirits Education Trust認定Higher Certificate)。元博報堂グループ(広告代理店)コピーライター、ディレクター(AD & WEB)、プロモーション・プランナー。現在は出版社や雑誌社をはじめ、さまざまな媒体で執筆業を中心に活動。 現在連載中の他メディア◉【住まいの大学】インテリア講師 ◉【Yahoo! Beauty &TRILL(ヤフー!ビューティ&トリル)】ライター ◉ビューティメディア【Faura(ファウラ)】コラムニスト ◎受賞歴: J-wave主催Webビジネス開業支援コンテスト特別賞受賞(企画書制作部門)◎メディア出演歴:湘南ビーチFM(ラジオ局)“ワインのお話”メインレギュラー(約2年)。ハンガリーのネイル製品ブランドMoyra(モイラ)のSole Agent【Moyra Japan】代表。

No Replies to "ブダ王宮で開催されたファッションの祭典、“ELLE Fashion Show” レポート!!"