『プラダを着た悪魔 / The Devil Wears Prada』のヒロインに学ぶ、ハイブランドの着こなし術

©flickr/Horus Tr4n title: Anne Hathaway

2015年も残りわずかとなりました。

年末が押し迫るこの時期は、年賀状の手配や年末の大掃除、そして、散らかりがちな洋服の整理整頓にも忙しくなりそうです。

クローゼットや押し入れの中に、実はハイブランドの素敵なアイテムが眠っていた、なんてこともあるかもしれませんね。

ラグジュアリーなハイブランド・ファッションが楽しめる映画

『プラダを着た悪魔』

出典:Pictures & Photos from Az ördög Pradát visel (2006) - IMDb

出典:Pictures & Photos from Az ördög Pradát visel (2006) – IMDb

© TM and2006 Twentieth Century Fox. All rights reserved. 原題は「THE DEVIL WEARS PRADA」。

左がメリル・ストリープ、右がアン・ハサウェイ。2006年20世紀Foxの公開作品。
そんな豪華なハイブランド・ファッションを思いっきり楽しめるハリウッド映画があります。

それは2006年に公開された、アン・ハサウェイ主演の“プラダを着た悪魔/ The Devil Wears Prada”。
劇中で、米版Vogueの“アナ・ウィンター”がモデルと言われるカリスマ編集長役を、あの名女優、メリル・ストリープが怪演したことでも大きな話題を呼びましたね。

一流ファッション誌の編集長のアシスタントとなったヒロインが数々の難題を乗り越えて、もっさりとした“ダサ子”から、美しいファッショニスタへと変貌するシンデレラ・ストーリーは、世の中すべての働く女性たちにまるでエールを贈ってくれているようです。

ファッション業界を舞台にした映画の中では、タイトルにもあるプラダをはじめ、世界の一流ハイブランドが、これでもか!というほど鮮やかにスクリーンを彩ります。
アン・ハサウェイが着替えた回数は全部で80回近くあったそう!
映画に登場するハイブランド・ファッションの中から、特に印象に残るコーデをピックアップしてみました。

ホワイト・クリスマスをイメージさせる、エレガントなお嬢様コーデ

出典:What That Famous 'Devil Wears Prada' Scene Actually Gets Wrong

出典:What That Famous ‘Devil Wears Prada’ Scene Actually Gets Wrong

The Clothes In ‘The Devil Wears Prada’

 

クリスマス・シーズンにぴったりな、ホワイト一色の愛されコーデ。

清楚なオフホワイトがひときわ目を引くウエストリボンのコートに、メタリックなバッグと手袋、マニッシュな帽子を合わせ、同系色でまとめたお嬢様風な着こなしです。
ホワイト・クリスマスをイメージしそうな上品ホワイト・コーデはまさに“愛されファッション”!デートでも一度はトライしてみたいスタイリングですね!

 

かっちりツイード・ジャケットを小悪魔風に着こなして

出典:Dress-Sense | The-Devil-Wears-Prada-Andy-Sachs-Anne-Hathaway-1

出典:Dress-Sense | The-Devil-Wears-Prada-Andy-Sachs-Anne-Hathaway-1 

映画のワンシーンより。

シャネルの高級ジャケットを羽織り、仕事に邁進する“アンドレア”が、

「ファッション誌のエディターらしくなろう!」と、心を入れ替えたヒロインがディレクターに見立ててもらったのがこちら。

シャネルのかっちりしたツイード風ジャケットと、イタリアの人気ブランド“クリスティーナ・ティ”の超ミニ・スカートに着替えて、どこから見てもファッショニスタに変身していますね!
仕立てのよい高級ジャケットは、胸元を大胆にチラ見せして、あえて隙をつくる着こなしがポイント。

女性らしいラインをさりげなくアピールするハイブランド・コーデは、スタイルに自信がある女性におすすめの“小悪魔ファッション”です。

ドレープが美しいふんわりワンピは、幅広ベルトでメリハリをつけて

出典:Dress-Sense | The-Devil-Wears-Prada-8

出典:Dress-Sense | The-Devil-Wears-Prada-8


出典:Dress-Sense | The-Devil-Wears-Prada-Andy-Sachs-Anne-Hathaway-5

出典:Dress-Sense | The-Devil-Wears-Prada-Andy-Sachs-Anne-Hathaway-5

映画のワンシーンより。 カルバン・クラインのワンピースを着こなすヒロイン役のアン・ハサウェイ。

ドレープが美しいジャージィ素材のワンピ-スはカルバン・クライン。
オリーブカラーがサテンのような光沢感をいっそう引き立てる上質なワンピは、デスクに腰掛けても、鬼編集長のお遣いで街中を走り回っても、キレイなシルエットをキープしてくれます。
幅広のベルトでウエストをキュッと引き締めて、より胸元にボリュームが出る着こなしは必見です!

特別な日は、プラダのブラックドレスをゴージャスに着こなして

出典:Dress-Sense | The-Devil-Wears-Prada-11

中央は“鬼”編集長を演じる名女優メリル・ストリープ。パリ・コレのパーティ・シーンでの1枚。

最後は映画のタイトルでもあるプラダのドレス。
メリル・ストリープ演じるカリスマ編集長のミランダが、パリ・コレのパーティで披露したプラダのオートクチュール・ドレスは圧巻です!

ゴージャスなドレスに合わせた大ぶりのジュエリーは、オスカー女優御用達の“フレッド・レイトン”のもの。
アカデミー賞授賞式のレッドカーペッドで人気女優たちがこぞって着けているブランドとしても有名です。

映画“プラダを着た悪魔”から、素敵なハイブランド・コーデはいかがでしたか?
クローゼットに眠る、上質なハイブランドをさりげなく普段着に取り入れることができたら、アナタは誰もが認めるオシャレ上級者。

おうちの年末大掃除で手持ちのブランド・アイテムが見つかったら、もう寝かせることなく、どんどん使いこなしてくださいね♪

author-avatar

ブダペスト在住ワイン(とインテリア)コラムニスト。フィノマガジン主宰。ワインアドバイザー(Wine & Spirits Education Trust認定Higher Certificate)。現在はオーストリアのWSETでDiplomaコースに通い、MWの夢をいまだ捨てきれず勉強継続中。大手食品メーカー、ワインインポーターの社員として勤務後、広告業界へ。元博報堂グループ(広告代理店)コピーライター、ディレクター(AD & WEB)、プロモーション・プランナー。現在は出版社や雑誌社をはじめ、さまざまな媒体で執筆業を中心に活動。◎受賞歴: J-wave主催Webビジネス開業支援コンテスト特別賞受賞(企画書制作部門)◎メディア出演歴:湘南ビーチFM(ラジオ局)“ワインのお話”メインレギュラー(約2年)。2016年: amebaTV、abemaNews、ハンガリーのネイル製品ブランドMoyra(モイラ)の日本部門【Moyra Japan】代表。

No Replies to "『プラダを着た悪魔 / The Devil Wears Prada』のヒロインに学ぶ、ハイブランドの着こなし術"