ハンガリー生活の新常識


フィノマガジン読者の皆様、今年の夏休みは何をされましたか。
気がつけば楽しい夏休みはもうすぐ終わり。
新学期が始まる季節が近づいてきましたね。

9月から新年度が始まるハンガリー。
日本からも多くの留学生や駐在員が訪洪します。
ハンガリーでの新しい生活に、期待と不安を抱いて、フィノマガジンを訪れてくださった読者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、そんな読者の皆様のために、知っていると失敗しないハンガリーでの新生活アドバイスとそれにまつわるハンガリートリビアをお届けします♪


日本人の常識はハンガリーで非常識 !?

©flickr / kate hiscock title Novermber 9th

©flickr / kate hiscock title Novermber 9th

ヨーロッパの9月は、入国管理局 ( 通称、移民局 ) へやってくる外国人が増える時期。
ハンガリーでも9月は新年度がスタートするので、書類上の手続きが多くなります。
日本で公的書類を書くとき、筆記具の指定など、情報の記入方法が記載されている場合がありますよね。

ハンガリーではこういった記入方法は、書類上で特別な指定がありません。
しかし!書かれていないけれどハンガリーでは周知のルールが存在するんです。

それは、公的な書類は「 青ペンで書く 」ということ。
日本では「黒もしくは青」という注意書きがあることもありますが、基本的に黒ペンが主流です。

筆者がハンガリーに移住した当初、入国管理局やその他提出しなければならない書類は予め集めて記入し、すぐに提出できるように準備していました。
いざ書類を出しに行くと、担当者が「この書類は受け取れません」と言うのです。

理由は、やはり「青ペンでなく黒ペンで記載した」ということ。

間違えると二重線を引いて朱印を押し訂正、ということが日本ではありますが、ハンガリーでは通常、書き直しになります。
またハンガリーでは企業等が使用する判子は存在していても、個人の場合は署名のみです。

そのため、お役所以外でも“ 青ペン ” が必需品なんです !!

世界各国いろいろなペンブランドがありますが、日本製のボールペンは書きやすいと評判なので、日本からのお土産に「日本ブランドの青色ボールペン」は喜ばれますよ ♪


〇〇はハンガリー人の発明品だった!!

©flickr Emil title : Ballpoint pens

©flickr / Emil title : Ballpoint pens

人口比率に対するノーベル賞受賞者が世界一と言われているハンガリー。
日本でも馴染みのあるものが、実はハンガリー人の発明品だったりするんです!!

フィノマガジン読者の皆さまは、ハンガリー生まれのものをご存知ですか?

例えば、老若男女を問わず楽しめるおもちゃ “ ルービックキューブ ” もハンガリーが発祥で、Rubik Ernő ( ルビク・エルヌー )という発明家によって考案されました。
建築家、デザイナーなど、様々な顔を持つ多才なハンガリー男性が生み出したルービックキューブは、皆さんもご存知の通り、世界中で愛されるおもちゃですよね。
首都ブダペストには、日本では手に入りづらい面白いルービックキューブも販売されているので、ハンガリー土産におすすめですよ♪
その他、最近ではプレゼンテーションに革命を起こしている プレゼンテーションアプリケーションツールの“ Prezi ( プレジー ) ” もその一つ。

そんな発明大好きハンガリーが世界に誇る発明品、それは “ ボールペン ” !!

1943年にハンガリーのジャーナリスト László Bíró ( ラースロー・ビーロー ) によって、世界初の近代的なボールペンが発明されました。
万年筆より液漏れしないと、瞬く間に彼のボールペンは評判になっていったそう。
ビーローの発明からわずか2年後には、米国兵士のほとんどが所有するほどの人気となり、1945年に、日本でボールペンの存在が知られるようになったと言われています。


ハンガリーのお役所や学校で必ず聞かれることとは!?

©flickr / Ethan title : interview?

©flickr / Ethan title : interview?

日本の公的な書類で必須なのは、名前、生年月日、住所、電話番号、戸籍などが基本ですね。
ハンガリーでも上記の項目は必ず聞かれるのですが、日本では聞かれないある項目があります。

それが、 “ 母親の旧姓 ”。
なぜ母親の旧姓を届け出る必要があるのか、不思議ですよね。

その理由は、ハンガリー国民には同姓同名が多いからと言われています。
なぜ同姓同名が多いのか、疑問に思われた読者の方も多いのではないでしょうか。
謎を解く鍵は、子どもの名付け方にあるそうです。


ハンガリーでは本から名前を付けるってどういうこと!?

©flicker/ etc_estromberg title: baby after bath

©flicker/ etc_estromberg title: baby after bath

ハンガリーでは、基本的に生まれてきた子どもに付ける名前を Magyar utónév könyv ( マジャル ウトーネーヴ クーニヴ ) と呼ばれる本の中から選びます。
こちらの本は、簡単にいうと “ 名前の本 ”。
名前の本から子どもの名前を選ぶことが、ハンガリーでは一般的なんです。

最近人気な男の子の名前 TOP5 は、Bence ( ベンツェ )、Máté ( マーテー )、Levente ( レヴェンテ )、Adam ( アダム )、David ( ダヴィド )。
対して女の子は、Hanna ( ハンナ )、Anna ( アンナ )、Jazmin ( ジャズミン )、Lili ( リリ )、Zsófia ( ジョーフィア ) だそうです。

日本でいうキラキラネームのようなものも存在しますが、新しい名前を付ける場合は、その名前を正式な名前として認められなければなりません。
そのため、長~く面倒な手続きと労力が必要になります。
こういった事情から、今でも名前の本から子どもの名前を選ぶ親が多く、同姓同名の人が周りにいるということがよく起こっているようです。

同姓同名でなくても名前が同じという人が非常に多いので、ハンガリー人と話をする時に、名前だけでは話題の登場人物がすぐにわからないことが頻繁にあります。
ハンガリーあるあるは、名前の前に形容詞をつけて、例えば「背が高いベンツェくん」のように会話をすることが多いんです。

名前の響きや名字とのバランス、画数を考えたりする日本人よりも名前に対する拘りが少ないように感じますよね。
一見、簡単に名前を付けているように見えますが、実は「名前」にはとても拘りが強いんです。


それぞれの名前にはお祝いする日がある!?

©flickr / Andreanna Moya Photographer title : Calendar

©flickr / Andreanna Moya Photographer title : Calendar

それぞれの名前にはお祝いする日があるとは、一体どういうことなのでしょうか。

ハンガリーの人々には、各々の誕生日と同様に大事なお祝いの日があります。
それは、 “ Névnap (ネーヴナプ:名前の日 ) ” です。
ヨーロッパの国には、この名前の日をお祝いするという習慣が残っている国が少しありますが、ハンガリーは現在でも名前の日を大切にしている国。

先ほどご紹介した名前の本に掲載されている名前全てが、名前の日を持っています。
それが確認できるのは、ハンガリーで販売されている名前の日カレンダー。
よ~く見てみると日付の下に、様々な名前が書かれています。
友人や恋人、家族の名前の日を簡単にチェックできるようなサイトもあるんですよ。


名前の日おめでとう!!

©2016FinoMagazin

©2016FinoMagazin

ハンガリーで人気な名前の名前の日には、ソーシャル・ネットワーキング・サイト Facebook ( フェイスブック )で「 〇〇 Boldog névnapot! ( ボルドグ ネーヴナポト! ) / 〇〇さん名前の日おめでとう!」とタイムライン上に表示されり、誕生日同様、友人たちがお祝いメッセージを送る姿もよく見られます。

誕生日カードのような名前の日カードや花、お菓子といったものをお祝いに贈る方もいます。
今すぐ誰かの名前の日を探したいという方は、下記のリンクから名前の日を検索してみてください。
日付もしくは名前から名前の日を探すことができますよ。

http://nevnapkereso.hu/

また1つの名前が2つの名前の日を持っていることもあります。
2つの名前の日を持つ名前をもっている人は、好きなほうの日付を選ぶんです。
例えば、誕生日と離れた日付のほうをとったなんて方も多いんですよ。

ハンガリーの方とお友達になったら、誕生日だけでなく名前の日もチェックして、「名前の日おめでとう!」と言ってみるときっと喜ばれますよ。


知っていると失敗しないハンガリーでの新生活アドバイスとそれにまつわるハンガリー豆知識をお届けしましたが、いかがでしたか。
フィノマガジンでは引き続き、ハンガリーでの暮らしに役立つ情報を発信していきますのでお楽しみに♪

文 / 武田友里 ( Takeda Yuri )


author-avatar

この記事は2016年当時のフィノマガジンライターが書きました。

No Replies to "ハンガリー生活の新常識"

    ArabicChinese (Simplified)DutchEnglishFrenchGermanHungarianItalianJapanesePortugueseRussianSpanish