Hasznos információk 役立つ暮らしガイド -生活トラブル緊急窓口情報-


9 月から新年度が始まるハンガリー。
フィノマガジン読者の皆様の中には、本年度からハンガリーに留学、赴任される方もきっといらっしゃるはず。
ヨーロッパでの新生活に期待も高まる一方、慣れない異国の地でトラブルが起こってしまったら、どうしたらいいのかといった不安もありますよね。
今回は、筆者の経験と現地調査を基に、ハンガリーあるある生活トラブル対策情報をフィノマガジン限定でお届けします!


DIYはハンガリー生活必需スキル

©flickr/ HAMZA BUTT title : DIY

©flickr/ HAMZA BUTT title : DIY

2016年8月6日掲載「ハンガリーの不動産探しで役立つ3つのポイント」では、ハンガリーのお家事情、現地あるあるトラブル事例をご紹介しました。
ハンガリーの住宅は、築100年というのは珍しくなく、古い建物は取り壊さず、内装リフォームをしているのが一般的。

築年数が古い家でもきちんと最新の設備で修繕されている物件もありますが、古いお家は基本的に昔の性能基準で造られています。
そのため、水回りや電気のトラブルがどうしても頻発してしまうんです。

実際に、ハンガリーでは工具類をそろえている家庭が多く、小さな問題であれば自分たちで修理します。
また、日本ほど住宅のトラブルサポートサービスが充実していないので、DIY※1 は趣味というよりも生活スキルと言っても過言ではありません。

ハンガリー人の間では、修理が上手な知人やご近所さんを呼んで直してもらうこともよくあること。
“ 困った時はお互い様 ” という考え方は、ハンガリーの社会にも根付いているので、友人同士でお互いの家をメンテナンスするなんてこともあります。
筆者自身もお家のトラブルがあると、お隣さんや友人に相談することが多いです。

でも異国の地に来たばかりの時は、誰を頼ればいいのか、誰に相談すればいいのかわからないですよね。
そんな読者の皆さまの現地相談役として、フィノマガジン記者が現地調査で得たお役立ち情報を発信していきます!

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

author-avatar

大阪生まれの大阪育ち。神戸大学で人間行動学を専攻。中学校・高等学校1種免許(保健体育)、小学校専修免許状を所持し、子どものスポーツ教育に従事。その後、ハンガリーへ渡りブダペスト メトロポリタン大学大学院でメディアコミュニケーション学を学ぶ。現在もブダペスト在住。FinoMagazinライターの傍ら、ロケーションコーディネーター、ウエディングフォトプランナーとしても活動中。ハンガリー情報はお任せあれ。英語、ドイツ語もOK!! 日本拳法で全国制覇の経験もあり、心身の強さには自信アリ。知力・体力を磨いて、世界の現場から日本の教育にアイデアを届けることをモットーに、様々な分野で執筆に励む。

No Replies to "Hasznos információk 役立つ暮らしガイド -生活トラブル緊急窓口情報-"