ブダペスト・クラフトビール・フェスティバルで「秋の旨い」を大満喫



まだまだ夏の暑さは残っていますが、朝夕は、少しずつ秋の涼しさを感じるようになりました。
暑さも一段落し、寒い冬が来る前にいろんなことにチャレンジしたい季節。
秋といえば、フィノマガジン読者の皆様は何を想像されますか?

昔から「スポーツの秋」や「行楽の秋」、「芸術の秋」に「読書の秋」など様々な秋の楽しみ方がありますよね。
その中でも食べ物が実りを迎える秋のお楽しみと言えば、「食欲の秋」!
説はいろいろありますが、秋になると自然と食欲が増加してきますよね。

そんな秋には、ハンガリーでもワインをはじめ、味覚に関する企画が盛りだくさん!
今回はハンガリーの秋を味わうイベントの一つ、9月9日―11日の3日間開催された「 Főzdefeszt (英語名: Craft-Beer Festival ) 」をレポートします♪


第12回クラフトビールフェスティバル IN ブダペスト

2016finomagazin1

©2016FinoMagazin

今回で12回目を迎える Főzdefeszt ( フゥーズデフェスト 以下、クラフトビールフェスティバル) は、首都ブダペストの観光名所、Hősök tere ( 英雄広場 ) の裏手に広がる Városliget ( 市民公園 ) で、9月9日から11日までの3日間、開催されました。

ハンガリーのご当地ビールはもちろん、チェコやベルギー、ドイツなどからヨーロッパの美味しいビールが勢揃い!
クラフトビールの屋台だけでも24店舗、そしてB級グルメのフードトラックが大集合し、連日、「旨い!」を求めてやってくる人たちでクラフトビールフェスティバルは大盛況でした。

入場料はありませんが、フェスティバルのロゴ入りビールテイスティンググラス( 1,250フォリント:約 500 円 )の購入は必須。
こちらのビールグラスは、旅の思い出や記念にお持ち帰りいただけます。

クラフトビールフェスティバル会場内の店舗では、現金が使えないので、PayPass 式の銀行カードもしくは HelloPay Festivalcard と呼ばれるプリペイド式の電子マネーカードを受付で購入してください。

現金で HelloPay Festivalcard にチャージして使い切らなかった金額、カード購入時に支払うデポジット分の500フォリント ( 約200円 ) は、帰る前に受付でカードを返すと戻ってくるので、ご安心を。


ブダペストはお祭り騒ぎ!!

©2016FinoMagazin

©2016FinoMagazin

この日、筆者が訪れたのは、夜 6 時あたりでした。
アンドラーシ通りから英雄広場の方へ向かって歩いていくと、遠くから見てもわかるほど、たくさんの人、人、人。
フェスティバル開催日の英雄広場周辺では、スポーツや音楽イベントがあり、ハンガリーの食文化を味わえ、写真をご覧の通りものすごい熱気。

実は、9月8日から11日にかけて、ブダペストの観光名所である Budavári Palota (通称、王宮)では、ワインフェスティバルが開催されていたこともあり、ブダペスト全体がお祭りムード一色だったんです。


ハンガリーおすすめご当地ビール

2016finomagazin2

©2016FinoMagazin Kapucinus Sörfőzde の ビール Szeplőtelen

1994年から20年以上、ハンガリーの地元の人々に愛され続けるビール工房 Kapucinus ( カプツィヌシュ )
ドイツ南部にあるバイエルンのビール醸造を基に、ラガービールを造っています。

今回選んだのは、カプツィヌシュの人気ビール、アルコール度数 4.3 %の「 Szeplőtelen ( セプルゥーテレン ) 」。
セプルゥーテレンとは、ハンガリー語で「穢れの無い人 (= 聖母マリア) 」を意味しています。

黄金色に輝き、すっきりとした口当たりのビール。
冷えたセプルゥーテレンは爽快なのど越しに香ばしく、心地よい苦みとコクがあり、ビール好きにおすすめの一杯です。


Kapucinus のノンフィルタービール

2016finomagazin3

©2016FinoMagazin

カプツィヌシュのビールは、日本ではあまり馴染みのないノンフィルタービールがほとんどで、新鮮さをウリにしています。
そのため保存期間は8日間~30日間 (※種類によって異なる)と短いのが特徴なので、ハンガリーに来られた際は、ぜひ試してみてくださいね ♪


トランシルバニアのご当地ビール

©2016FinoMagazin 民族衣装を着た店員さん

©2016FinoMagazin 民族衣装を着た店員さん

フィノマガジン読者の皆様の中に、かつてハンガリー領の一部であり、現在のルーマニアにある「 Transylvania ( トランシルヴァニア ) 」という地名を聞いたことがある方はいらっしゃいますか?
ルーマニア全体の面積の3分の1を占め、豊かな自然に恵まれている地域です。

この地域にはルーマニアになった今でもハンガリー語を母語としている方が多く住み、ハンガリー国内には仕事のためにトランシルヴァニアから来た人々もたくさん暮らしています。

次にご紹介するのは、そんなハンガリーの影響が残るトランシルバニアのセーケイ地方にある Csíksimon ( チークシモン )で醸造されているビールを。


さっぱり感が旨い チーキビール

©2016FinoMagazin

©2016FinoMagazin Csíki Sör ( チーキショール )

東カルパチア山脈に連なるハルギダ山脈麓の湧き水を使い、地元伝統のレシピ※1で作るCsíki Sör(チーキショール 以下、チーキビール )※2 は、トランシルバニアだけでなくハンガリーでも人気のビール。

※1 ドイツ南部にあるバイエルンのビール醸造を見本にして作られたオリジナルレシピ。
※2 Sör ( ショール )は、ハンガリー語でビールを意味します。

香りは弱めですが、雑味がないキレのある味で、スッキリとしたのど越しを楽しめる一杯。
クセもないのでゴクゴク飲めてしまいますが、アルコール度数はちょっと高めの 6 %なので、飲みすぎには注意してくださいね。


ご当地ビールには、ご当地B級グルメで決まり!

©2016FinoMagazin

©2016FinoMagazin

ハンガリー名物 Lángos(ランゴーシュ) 風のピザパンKenyérlángos(ケニェールラーンゴシュ)。※3
地元の人たちはファーストフード感覚でいただく、ご当地グルメです。

※3
Kenyér (ケニェール) は、ハンガリー語でパンの意味。
Lángos(ランゴーシュ)とは、見た目がピザのような大きな揚げパン、王道トッピングはサワークリームとチーズ。おかず系パンですが、チョコなどをトッピングしてスイーツとしていただくこともあります。

名前にはランゴーシュとついていますが、揚げパンではなく、かまどで焼き上げられた生地を使用しています。
かまどで焼き上げた生地にベーコンというより、むしろカリッと焼いた脂身と紫玉ねぎ、サワークリームをトッピングしたシンプルなもの。

一見しつこそうに見えますが、サイズも大きすぎず、モチ&フワっとしている生地が美味しいご当地B級グルメです。
塩気もあって、ビールとの相性バッチリですよ!!

Kenyérlángos(ケニェールラーンゴシュ)の作り方を知りたい!という方は、動画で調理工程をご覧になれます。

☆動画中に出てきた材料名☆
 Víz ( ヴィーズ ) ... 水
 Burgonya ( ブルゴニャ ) ... じゃがいも
 Só ( ショー ) ... 塩
 Tej ( テイ )... 牛乳
 Cukor ( ツコル ) ... 砂糖
 Élesztő ( エーレストゥー ) ... イースト
 Liszt ( リスト ) ... 小麦粉
 Étolaj ( エートライ ) ... 油
 Tejföl ( テイフル ) ... サワークリーム
 Bacon ( ベークン ) ... ベーコン
 Lilahagyma ( リラハジュマ ) ... 紫玉ねぎ
 Trappista ( タラピッシュタ ) ... タラピッシュタ(という種類のチーズ)

今回はブダペストで開催されたクラフトビールフェスティバルと、そこで出会った旨いご当地ビールをご紹介しましたが、いかがでしたか。
フィノマガジンでは、引き続き、旅や暮らしに心地よいスパイスとなる美味しく楽しい話題を発信していきますので、お楽しみに♪

☆ハンガリービール情報☆
2016年9月29日-10月2日 Oktoberfest Budapest (オクトーバーフェスト・ブダペスト) 開催 
2016年5月24日掲載 夏と言えばビール!ブダペストの “ 動く居酒屋 ”
2016年6月17日掲載 ワインだけじゃない!ハンガリーの旨いご当地ビール


Review

  • My First Parameter 5.0

User Rating

4.5 (2 Votes)

Summary

Score

author-avatar

この記事は2016年当時のフィノマガジンライターが書きました。

No Replies to "ブダペスト・クラフトビール・フェスティバルで「秋の旨い」を大満喫"

    ArabicChinese (Simplified)DutchEnglishFrenchGermanHungarianItalianJapanesePortugueseRussianSpanish