ハンガリーで見つけたチョコ限定、チョコレート&ワインの幸せなマリアージュ



チョコレートといえば、ミルクチョコレート、ダークチョコレート、オレンジピール入りのチョコ“オランジェット”など、さまざまな種類がありますよね。

Photo by ©Papp Hideko

Photo by ©Papp Hideko

そんなチョコレートとともに味わうと、さらに美味しくなるお酒があるんですが、もうお分かりですよね?

チョコレート&ワインの、幸せなマリアージュ♡

アルコール入りチョコといえばウイスキーボンボンが有名です。
そのせいか、チョコレートに一番合うのはウイスキーと思う方はとても多いことでしょう。

Photo by ©Papp Hideko

Photo by ©Papp Hideko

もちろん、ウイスキーはチョコと良く合いますが、今回ご紹介するのは

グランヴァン ワイン

Grand Vin Photo by/©Papp Hideko

フィノマガジンをよくご覧頂いてる方ならすぐに察しがつきますね。
チョコと味わうとさらに美味しくなるお酒は、“ワイン”です。

元々、フランスワインやイタリアワインを輸入する食品メーカーでワインインポーター業務に従事していた筆者。その延長上で、イギリスに本校があるワインの世界最大教育機関、WSET※で学び、世界共通ワインアドバイザー資格※を取得し、現在に至りますが…

今回は、ワインコラムニスト&ワインアドバイザーの筆者が、チョコレートを愛する皆様に向けて、チョコレートと相性抜群のワインをセレクト♪
『チョコレートとワインの幸せなマリアージュ』をテーマに、チョコレートの種類ごとに異なる、素晴らしいワインの数々を厳選してお伝えします。
チョコレートとワインの両方とも大好物な皆様、必見のテーマですよ!

※WSET認定Higher Certificate取得。WSET=世界最大ワイン教育機関Wine & Spirits Education Trustの略。ワインの世界上級共通資格、ワインアドバイザーの資格です。

甘みが強いミルクチョコレートには、

Photo by ©Papp Hideko

Photo by ©Papp Hideko

まずは、甘くてコクのあるミルクチョコレートと相性が良いワインについて。
甘みと風味が強く、苦味が少ないミルクチョコレートにはチョコと同様に、甘みや風味がしっかりとしたコクのある赤ワインがオススメです。

ミルクチョコレートと相性抜群な赤ワインは?

mercichoco1Photo by ©Papp Hideko

写真はハンガリーのスーパーや個人商店に行くと、必ず目にするミルクチョコレート『merci』。
このようにマイルドなミルクチョコレートは、天然甘口の赤ワインと大変相性が良いのです。

南仏ルーション地方の天然甘口“VDN”ワイン『Banyuls(バニュルス)』

出典:Photo by ©Wikipedia

出典:Photo by ©Wikipedia

写真のようなミルクチョコレートによく合うワイン、それは南フランスの『Banyuls(バニュルス)』というスイートな赤ワイン。
バニュルスは南フランスのルーション地方の、天然甘口『Vin doux Naturel(ヴァン・ドゥ・ナチュレル)』ワインとして知られています。

天然の甘口ワインを意味する『Vin doux Naturel(ヴァン・ドゥ・ナチュレル)』。
通称VDNの製造工程で特徴的なのは、ワインがまだ“ぶどう果汁”の状態で発酵していく途中にアルコールを添加することです。
そして、ワインにアルコールを添加した後はすぐに発酵を中止します。
そうすると、ぶどうに含まれる天然の甘さがワインの中に多く残留するため、自ずと甘口のワインになるのだそうですよ。

ちなみにワイン用語になりますが、そのようにぶどう果汁のアルコールを添加し発酵を停止することを『Mutage(ミュタージュ)』と言います。

スペイン国境との岩だらけの段丘にある、南フランスのぶどう畑。
そこで収穫されたグルナッシュ・ノワールという葡萄品種で作られるのが【バニュルス】という赤ワイン。

ワインの色は淡いルビー色から茶褐色まで様々に変化し、天然甘口ワインの中でもとりわけ濃厚な味わいが魅力です。

 

出典:photo by wikipedia

出典:photo by wikipedia

 

“濃厚なチョコレートの風味に釣り合うワインと言えば、南フランスの【バニュルス】”。

これはワインスクールやソムリエ、ワインアドバイザーなどの資格試験の前に、必ず参考書や問題集などで目にした内容でもあります。

バニュルスがワインの教科書にまで明記され、また、ワイン専門家や愛好家達がチョコレートに勧める理由は飲んでみれば一目瞭然。

この天然スイートの赤ワインは干しブドウのような風味が強く、時にナッツの風味も感じられます。
そのため、ショコラタリア エクアドルのようにガナッシュが入っているような、まろやかなミルクチョコレートにはぴったりなんです。

カカオ多めのビター(ダーク)チョコには、フルボディの赤ワインが◎

chocome2

ハンガリーのオリジナル、チョコレートブランド『ChocoMe』。

カカオたっぷり少し苦味のあるビターチョコレートには、木樽でしっかり熟成されたフルボディの赤ワインがよく合います。

photo by ©Papp Hideko

photo by ©Papp Hideko

甘くて苦い大人のチョコにはShiraz/シラーズが♥

Casillero del Diablo Shiraz(カッシェロ デル ディアブロ シラーズ) 2014年

出典:http://www.casillerodeldiablo.com/

出典:http://www.casillerodeldiablo.com/

今回ビターチョコレートにおススメするのは、タンニンのしっかりとしたフルボディの赤ワイン。
ワイン業界ではニューワールドと呼ばれる、チリの『カッシェロ デル ディアブロ シラーズ』をピックアップしてみました。

このワインの葡萄品種『シラーズ』を使った赤ワインは、紫がかった色合いや濃いガーネットの色が特徴。

ブラックベリーや黒い果実の香り、さらにスパイシーな香りが漂う、タンニンがしっかりとしたフルボディタイプの赤ワインです。

ワインの味わいでタンニンが強めであったり、スパイシーな香りがする赤ワインはカカオたっぷりなビターチョコの濃厚な味わいとよく合います。

ビターチョコレートに◎なワインとして、チリのセントラル・ヴァレー産のシラーズを選んでみました。

チリ以外にも、フランスのコート・デュ・ローヌ地方やオーストラリア産の赤ワインにも、シラーズが葡萄品種という赤ワインは多いのでワインショップなどで『シラーズ』のフルボディな赤ワインがあったら、その赤ワインで試してみてくださいね♪

Photo by ©Papp Hideko

Photo by ©Papp Hideko

『チョコレートとワインの幸せなマリアージュ』、この続きは後編で!
後編の記事も、どうぞお楽しみに♡

©Papp Hideko ブダペスト在住ワインコラムニスト WSET認定Higher Certificate

ハンガリーのチョコレートとハンガリーのワインをお求めになりたい、または日本に輸入をご検討希望の場合は、FinoMagazinのコンタクトフォーム、またはメールにてお問い合わせください。


 

 

author-avatar

ブダペスト在住ワイン(とインテリア)コラムニスト。フィノマガジン主宰。ワインアドバイザー(Wine & Spirits Education Trust認定Higher Certificate)。現在はオーストリアのWSETでDiplomaコースに通い、MWの夢をいまだ捨てきれず勉強継続中。大手食品メーカー、ワインインポーターの社員として勤務後、広告業界へ。元博報堂グループ(広告代理店)コピーライター、ディレクター(AD & WEB)、プロモーション・プランナー。現在は出版社や雑誌社をはじめ、さまざまな媒体で執筆業を中心に活動。◎受賞歴: J-wave主催Webビジネス開業支援コンテスト特別賞受賞(企画書制作部門)◎メディア出演歴:湘南ビーチFM(ラジオ局)“ワインのお話”メインレギュラー(約2年)。2016年: amebaTV、abemaNews、ハンガリーのネイル製品ブランドMoyra(モイラ)の日本部門【Moyra Japan】代表。

No Replies to "ハンガリーで見つけたチョコ限定、チョコレート&ワインの幸せなマリアージュ"